2018年度 司法場面における手話通訳研修

2018年度 公益社団法人札幌聴覚障害者協会現任研修会

『司法場面における手話通訳研修』 一般公開は定員になりました

11月17日(土)の一般公開は、11月15日を持ちまして定員になりましたので、申込を締め切らせていただきます。たくさんの方々のお申し込みありがとうございました。

なお、11月18日(日)は、まだ余裕がありますので、手話通訳者の方で参加を希望される方は、お申し込みください。

また、来年度も企画をしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

《1日目》

日 時 2018年11月17日(土)18:30~20:45 ※受付17:45~ ★一般公開 申込終了

場 所 札幌市視聴覚障がい者情報センター 大研修室 ※両日共通

札幌市中央区大通西19丁目 地下鉄東西線西18丁目下車 1番出口から徒歩3分

講 師 甲南大学法科大学院 教授 渡辺顗修(ぎしゅう) 氏(弁護士)

内 容 講演『 ろう者の犯罪 ~ある誘拐・監禁・傷害事件から学ぶこと~ 』

(講演の概要)

「LINEが犯罪を作る」…これは聞こえる人にも、ろう者にも起きる身近な事件ではないでしょうか。ネットの様々なアプリを通して、人の和が広がる。それがろう者のよき伝統ではないでしょうか。しかし、そこに思いがけず重い「犯罪」への道が開けてしまうこともあります。実際にあったそんな事件を紹介しながら、手話でのコミュニケーションのあり方、罪の意識の意味、踏みとどまり止める勇気、許す気持ちの形成、そしてそれをどう伝達するか、こんな問題を刑事手続の世界の中で考えてみます。

参加費 17日 500円 ※当日受付でお支払いください

《2日目》

日 時 2018年11月18日(日)9:30~15:00 ※受付 9:00~ ★手話通訳者のみ

内 容 午前 優生保護法違憲訴訟について考える 午後 司法場面に係る実技研修

参加費 18日 札聴協登録手話通訳者1,000円、札聴協以外の手話通訳者1,200円

※当日受付でお支払いください

※締め切りは11月2日(金)ですが、定員にまだ余裕がありますので、希望される方はお早めにお申し込みください。

 

連絡先  公益社団法人札幌聴覚障害者協会 コミュニケーション支援課

現任研修会担当 菅原・渋谷

TEL 011-633-7575 FAX 011-633-7600

pdf司法研修案内・出欠票(手話通訳者用) 2018